認定看護師

認定看護師

医療の分野は常に動いています。今までの知識では通用しないことにも出くわします。
これは医学の進歩から看護師の質の向上のためにも必ず必要なことです。
そこで《看護師の資格認定制度》が作られ高度な技術力を持つレベルの高い看護師と位置付けられた《
専門看護師・認定看護師》があります。これはどちらも看護師です。

 

『認定看護師』は登録制度になっています。
「認定看護師、専門看護師」は
現在の職場での実務経験が5年以上必要になります。
5年のキャリアは看護師として経験には十分な期間と言えるでしょう。
この資格を取ることで雇用条件はUPします。転職を考えるのならばこのような高レベルな資格にもチャレンジしておくべきです。
雇用条件をより良いところへと望むのならば自分の能力の向上は不可欠です。待遇の向上を望むならば努力は必要です。

 

認定看護師になるために専門の教育機関で学ぶことが必要です。この期間は職務から離れることになります。
これらの制度は歴史が浅いだけにまだ認識度も薄いかもしれません。この制度は
看護師の技術力を客観的に評価することにより待遇の改善を行っていこうと考えからできたものです。

 

求人サイトの登録の際『認定看護師』と記載できることは高い評価を得ることには間違いありません。