専門看護師

専門看護師

医療現場で専門的な知識を持った看護師を育てるために設けられた制度が『専門看護師・認定看護師』と呼ばれるものになります。

 

それぞれの一定水準以上の知識と能力を持っていると認められる看護師が取得できる資格になります。

 

専門看護師の資格を取るためには知識と実務経験が必要となります。これには
細かい規定が設定されています。
専門看護師はその専門性によりいくつかの分野に分類されます。
特定の分野〜「がん看護」「精神看護」「地域看護」「老人看護」「小児看護」「母性看護」「慢性疾患看護」「急性・重症患者看護」「感染症看護」「家族支援」
になります。
それぞれの分野で専門的な知識を持っている場合に専門看護師の資格を取得することが可能になります。
この専門看護師がいることを病院側はアピールできることになっています。患者側からもこのような専門看護師がいるということは安心ですね。

 

専門的な知識を持つ看護師は病院にもメリットがあることなのです。いい条件は倍率は高くなります。
レベルを高くすることで看護師の待遇もよくなります。
専門看護師はまだ全国的に多くはいません。認定開始は1996年のことでした。
当時は「がん看護」「精神看護」に限られ約10年かけて現在の専門分野にまで増えてきました。
せっかく
看護師をもっているのならば次は専門看護師を目指しましょう。